ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

ASNET関連セミナー

2019年イスラーム・ジェンダー学科研公開シンポジウム「イスラーム×ジェンダー 「境界」を生きる/越える」

  • シンポジウム
  • 共催セミナー
  • 東文研・ASNET共催セミナー

以下の要領でシンポジウムが開催されますので、ご案内いたします。

ふるってご参加ください。

日時 2019年12月21日(土)13:00-18:00
会場 東京大学 東洋文化研究所3階大会議室
趣旨説明 イスラーム・ジェンダー学科研では、一昨年の「イスラモフォビアの時代とジェンダー」(2017)、昨年の「共生とマイノリティ」(2018)に続き、全体集会・公開シンポジウム「イスラーム×ジェンダー:「境界」を生きる/越える」を開催します。

私たちは、知らず知らずのうちに、自分たちの間に張りめぐらされている様々な差異という「境界」の上を生きています。これらの「境界」は、しばしば人と人を区分し、分断する障壁として使われてきました。この数々の障壁に苦しむ人は数多いでしょう。しかし一方で、社会的少数派とされた人たち、弱者は、不当な扱いを受ける差異の問題を訴え、その「境界」の線上に、自分たちの権利を守るための団結の砦を築いてもきたのです。

本シンポジウムでは<イスラーム×ジェンダー>の視点から、これらの「境界」を生きることの意味、また「境界」を越えて連帯することの可能性について、議論することを目指します。
司会 後藤絵美、岡真理
プログラム 13:00 開会の辞:長沢栄治
13:10 趣旨説明:鳥山純子

13:20 第1部:〈性別〉を考える
青柳かおる
「イスラームの「聖典」と〈性別〉」
辻大地
「歴史にみるイスラームと性 」
武内今日子
「日本における「Xジェンダー」の形成―カテゴリーの自己執行による差異化・固定化」
15:00 休憩

15:20 第2部:〈性別〉を生きる
岡真理
「映画 City of Bordersについて」
保井啓志
「イスラエルのゲイ・コミュニティにおける境界と排除―パレスチナ人ゲイの事例からの考察」
細谷幸子
「イランにおける〈性別変更〉をめぐる議論」
河口和也
「日本におけるゲイ・アクティヴィズム―多様な境界を超える連帯の可能性」
17:00 休憩

17:20 コメントと全体討論
三橋順子
17:50 閉会の辞
18:00 閉会
主催 科研費基盤研究(A)イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究
(代表:長沢栄治)
共催 東京大学 東洋文化研究所、東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク