ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

ASNET関連セミナー

【第183回】釈奠(菜)礼と江戸儒教の展開——林氏家塾を中心として

  • Seminar
  • 共催セミナー

以下の通り、第183回目の東文研・ASNET共催セミナーを開催します。

日時/Date 2018年7月5日(木)17:00-18:00
July 5, 2018 (Thu), 5:00-6:00 p.m.
会場/Venue 東京大学 東洋文化研究所 1階 ロビー
Ground Floor, Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo
報告者/Speaker 張哲氏(東京大学東洋文化研究所・訪問研究員)
題名/Title 釈奠(菜)礼と江戸儒教の展開——林氏家塾を中心として
コメンテーター /Commentator 平勢隆郎氏(東京大学東洋文化研究所・教授)
要旨Abstract 孔子を祭る儀礼としての釈奠(菜)礼は、日本では大寶元年(701年)から始まっていた。中世以降、釈奠礼はだんだん衰えたが、近世以後、林羅山が孔子廟と学塾を寛文十年(1670年)に確立し、さらに儒教の道統を継承しようとした。本發表では林氏家塾と孔子廟を中心に、江戸時代初期における釋奠礼の成立のプロセスについて検討し、祭りの対象、空間、器物、儀式等を取り上げる。また、江戸時代の儒教の展開への影響にも言及したい。
使用言語/Language 中国語(通訳付き)/Chinese(Interpretation Available)