ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

主催イベント

トランスナショナル運動としての「ムサーワ(Musawah)」――ムスリム家族内の平等関係の構築に向けた取り組み

  • 国際ワークショップ

グローバル関係学科研&IG科研主催、ASNET共催の国際ワークショップを開催します

現代のムスリムの家族関係を規定する家族法では、古典イスラーム法からの強い影響もあり、婚姻や離婚、親子関係、相続などについて、女性に不利な解釈や実践が行われている場合が少なくない。「ムサーワ」はこの状況から生じるムスリム家族内の関係の不均衡を是正するために、2009年に始まった運動である。NGO、活動家、研究者、法実務家、政治家、その他の女性や男性が、世界中から参加している。

本ワークショップでは、ムサーワ運動をはじめトランスナショナルに展開する取り組みに注目し、それらが直面する困難やその未来の可能性について考えていく。

時/Date 2018年12月18日(火)14:00-17:00
Tuesday, December 18th, 2 pm- 5 pm
会場/Venue 東京大学東洋文化研究所3階大会議室
Main Conference Room, 3rd floor, Institute for Advanced Studies on Asia,
The University of Tokyo
プログラム / Program 14:00 主旨説明および登壇者紹介 後藤絵美(東京大学)
Introduction: Dr. Emi Goto (The University of Tokyo)
14:10 講演:クラウディア・デリクス氏(ベルリン・フンボルト大学)
Lecture: Prof. Claudia Derichs (Humboldt University Berlin)
「トランスナショナル運動としての「ムサーワ(Musawah)」――ムスリム家族内の平等関係の構築に向けた取り組み」
“Transnational Advocacy for Equality in the Muslim Family- the example of the ‘Musawah’ movement”

15:10 コメント:鷹木恵子氏(桜美林大学)
Comment: Prof. Keiko Takaki (J.F.Oberlin University)

15:30 質疑応答・議論/Discussion

16:45 閉会/Closing

使用言語/Language 英語/English

主催:
科研費 新学術領域研究 グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて ―関係性中心の融合型人文社会科学の確立(代表:酒井啓子) B01班「規範とアイデンティティ」

科研費 基盤研究(A) イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(代表:長沢栄治)

共催:
東京大学 東洋文化研究所、日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)