ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

沿革

1999~2000年 東京大学の教員有志の間でネットワークの構想が生まれる
2001年 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)として活動開始
事務局:東洋文化研究所
学内各部局における日本・アジア研究者一覧の作成
メーリングリストの開通
2003年 ホームページの開設
学内の日本・アジア研究者全員への個別インタビューの開始
2005年 「東京大学における日本・アジア研究者リスト」の発行
国際連携本部ASNET推進室へと発展
2006年 東京大学大学院生向け『日本・アジア学講座』開始
2007年 東京大学130周年記念事業・東京大学シンポジウム「アジアと語る希望・幸福」開催
2009年 全学研究科等横断型『日本・アジア学』教育プログラムの開始
2010年 日本・アジアに関する教育研究ネットワークとして、東京大学の機構へと発展
2011年 日本学術振興会「アジア・アフリカ学術基盤形成事業」の実施(2011年~2013年)
2012年 東文研・ASNET共催セミナーの開催が計50回を超える
2014年 ASNET編『アジアの環境研究入門』(東京大学出版会)を刊行
東文研・ASNET共催セミナーの開催が計100回を超える
2015年 東文研・ASNET・GJS(Global Japan Studies)共催セミナーの開始
2016年 国際会議The Relevance of Area Studies for the Sciences and Public Policyを開催
東文研・ASNET・GJS共催セミナーの開催が累計150回を超える