ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

中央大学人文科学研究所「南北アメリカの歴史・社会・文化」チーム 公開セミナー 「親密圏と帝国:米領フィリピン・日本人植民者コミュニティの二世教育」 2020年度第3回研究会(通算第15回) Zoom オンライン研究会

  • Seminar
  • セミナー

以下の要領でセミナーが開催されますので、ご案内いたします。ふるってご参加ください。

 

日時 2021年1月26日(火)10:30~12:30
参加方法 Zoom ミーティングのURL、パスワードをお送りいたしますので、ご参加に先立ち、下記フォームよりご登録ください。登録締め切り:当日午前9時。
 
アクセス情報は、参加登録直後に自動返信メールにてご案内いたします。案内が届かない場合には、お手数ですが americas.jinbunken.chuo*gmail.com ( *は@に置き換えてください)にご連絡ください。
 
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc3_V5IaopRQEZsz9fEkw7x3InbVKADf8ZfQeyN67COOOon7g/viewform
講師 北田依利氏(ラトガーズ大学歴史学部博士課程)
テーマ 「親密圏と帝国:米領フィリピン・日本人植民者コミュニティの二世教育」
要旨 20世紀前半、アメリカ植民地政府と日本政府それぞれからの奨励により、日本人移民はフィリピン中に家族・コミュニティを築き、この植民者コミュニティは第二次世界大戦の終わりまで存在した。本報告は、コミュニティ建設の重要課題であった二世教育に焦点を当て、帝国主義下の教育(言語・同化政策をはじめ統治対象の管理)と移民コミュニティの教育(文化継承などコミュニティ存続への投資)の架橋の可能性を探る。日本人男性とフィリピン人女性の間に生まれた「混血児」の教育は在比コミュニティの関心事となり、混血児とフィリピン人の母親が問題化されていった。この過程で生み出された「母性」の問題を、雑誌記事や短編小説を用いて検証する。
お問い合わせ先 americas.jinbunken.chuo*gmail.com *は@に置き換えてください。
研究会チームURL https://sites.google.com/view/americas-jinbunken-chuo/home