ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

2020年度東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター 海洋教育基盤研究プロジェクト(海洋学)「『海洋知の再編と日本社会』の新展開」第2回研究会

  • Workshop
  • 研究会

以下の要領で研究会が開催されますので、ご案内いたします。ふるってご参加ください。

 

日時 2020年10月30日(金) 15時~17時

※報告会終了後、近況報告・懇親会を予定しております。

場所 Zoom
報告者 後藤敦史氏(京都橘大学)
報告タイトル 「つながる海と防ぐ海―幕末の大阪湾をめぐって」(仮)
報告趣旨 幕末期において、大阪湾には多くの台場が築造され、幕府をはじめとするさまざまな政治主体にとって、同湾の防備強化が重要な課題となった。
その一方で、日本と通商を開始した欧米諸国にとっても、大阪湾は対日外交の上で重要な場となったと考えられる。
大阪湾を通じて、幕末期の日本を取り巻く国際環境の一端を考えたい。
参考文献 後藤敦史「接続される海―幕末の九州、瀬戸内海、日本」
(マシュー・オーガスティン編『明治維新を問い直す』九州大学出版会、2020年)
後藤敦史・髙久智広・中西裕樹編『幕末の大阪湾と台場』戎光祥出版、2018年
参加申込み方法 第2回研究会にご参加を希望される方は、10月19日(月)までに、下記URLより、お名前・メールアドレス・ご所属をご記入の上、お申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSflwBZE70pqsgaBzzyyVrP12bDQhwQNMgNu_ZKcLpzXQO6J9A/viewform?usp=sf_link
 
お申し込みいただきました方には、10月27日前後にZoom会場・レジュメのURL等をご案内差し上げます。
上記につき、ご不明な点がございましたら、事務局・佐藤(mar-sato@hi.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。