ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

コリアン・マイノリティ研究会第195回月例研究会:「民族共生象徴空間」設立までの過程をとらえなおそう

  • Workshop
  • 研究会

以下の要領で研究会が開催されますので、ご案内いたします。ふるってご参加ください。

https://sepparam-bunko.jimdofree.com/

 

報告者 木村 敬(けい)さん(ピリカ全国実行委員会 「北方領土の日」反対!「アイヌ新法」実
現!全国実行委員会・関西)
概要 「ウポポイ」と呼ばれる、国立の(アイヌ)「民族共生象徴空間」の開業は4月に予定されていましたが、新型コロナウイルスの蔓延を受け2度の延期の結果、7月12日に正式開業されました。
「アイヌの歴史・文化を学び伝えるナショナルセンター」と説明している一方で、「愛称『ウポポイ』はアイヌ語で『(おおぜいで)歌うこと』を意味します。」と発信し、それを新聞もテレビも多くの報道が無批判に伝えてしまいました。
 
※「ウポポイ」https://ainu-upopoy.jp
 
「ウポポ」というアイヌ語はありますが、「ウポポイ」はアイヌ語ではありません。「和人が勝手にアイヌ語をつくった」と怒っているアイヌ民族もいます。名は体をあらわすと言いますが、「共生」と言いつつ、間違った情報を発信しつづけることは、アイヌ文化の破壊ではないでしょうか。
また「民族共生象徴空間」には、全国の大学や研究施設からアイヌ民族の遺骨を集めた「慰霊施設」が併設されています。「慰霊施設」と言いながら、遺骨の研究資料化が目的であることは設置までの過程から明らかですが、その事実に触れられることはありません。そして遺骨返還を求めるアイヌ民族から「アイヌであることを証明してください」と和人の担当者に言われたと、その差別性を訴える声が上がっています。
1997年の「アイヌ文化振興法」から2020年の「民族共生象徴空間」開業まで、どのような経過をたどって設立されるにいたったかを確認することで、問題を理解する機会となる報告にしたいと考えています。
日時 2020年10月24日(土)17:00~19:00 終了後、懇親会
会場 「猪飼野セッパラム文庫」(大阪市天王寺区細工谷2-14-8)
最寄り駅 JR大阪環状線「桃谷駅」・「鶴橋駅」・大阪メトロ「谷町9丁目駅」「鶴橋駅
」・近鉄「大阪上本町駅」(徒歩10~15分)
参加費 800円・会員600円・学生無料

【要予約】 masipon@nifty.com 090-9882-1663(こうのすけ)

主催 コリアン・マイノリティ研究会(猪飼野セッパラム文庫内)

https://sepparam-bunko.jimdofree.com/