ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

第16回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム:「安全圏」から跳び出す

  • Forum
  • フォーラム

以下の要領でフォーラムが開催されますので、ご案内いたします。ふるってご参加ください。

 

http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/works/jpn/promotion_jpn_07.html

 

日時 2020年10月24日(土)13:00~17:00
場所 Zoomを使⽤したオンラインイベント
報告1 上林 明広 KANBAYASHI, Tomohiro
一橋大学大学院社会学研究科 / 南アフリカ共和国留学
歴史叙述による「創られた伝統」の浸透
報告2 久保 裕子 KUBO, Yuko
東京大学大学院総合文化研究科 博士課程 / フィリピン共和国留学
フィリピン、生のあやうさの物語
報告3 荘司 一歩 SHOJI, Kazuho
総合研究大学院大学文化科学研究科 博士後期課程 / ペルー共和国留学
“ゴミ捨て場”から探る先史社会と環境
報告4 成地 早太 NARUJI, Sota
明治大学大学院文学研究科 博士課程 / トルコ共和国留学
帝国と難民:近代オスマン帝国の定住政策
報告5 早川 英明 HAYAKAWA, Hideaki
東京大学大学院総合文化研究科 博士課程 / レバノン共和国留学
レバノンの左派と宗教
報告6 八木 風輝 YAGI, Fuki
総合研究大学院大学文化科学研究科 博士後期課程 / モンゴル国留学
ラジオ局で音楽のアーキビストになる
メッセージ 鈴木 公子 SUZUKI, Masako
津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 / ミャンマー連邦共和国留学
ミャンマー、女性の社会進出の変化
特別シンポジウム 私と宗教:調査者は上座部仏教とどう向き合ってきたか

他社の宗教を研究するとはどういうことか。調査者は外国の宗教になぜ関心をもち、どのような距離感で関わっているのか。本シンポジウムでは、ミャンマー、タイ、カンボジア、中国雲南で上座部仏教社会を文化人類学的に研究してきた3名が、インドのジャナイ教を文献学的に研究してきた司会者とともに、調査・留学時や帰国後における宗教との向き合い方について経験を語る。
 
大坪 加奈子(九州大学大学院人間環境学研究院 学術協力研究員)
小島 敬裕(津田塾大学 学芸学部 教授)
和田 理寛(神田外語大学アジア言語学科 講師)
上田 真啓(司会)(立命館大学 非常勤講師)

申込方法 事前予約のお願い [予約期間:2020年9月7日(月)~ 2020年10月20日(火)]

本年度のフォーラムはオンライン配信とさせていただきますので参加ご希望の方は、以下の二次元コードもしくは事前予約ページより事前予約をお願いいたします。登録されたメールアドレスに、折り返し視聴できるURLをお送りいたします。

 

※「カタログPDF」(上の画像をクリック)に、詳しい説明を掲載しています。

事前予約ページ二次元コード

事前予約ページ:https://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/system/src/entry/application.php

主催 公益財団法人 松下幸之助記念志財団