ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

Tokyo School Workshop: Inclusion and Exclusion – Exploring Modern Knowledge Production at Tokyo (Imperial) University / 「東京学派」ワークショップ – 包摂と排除:東京(帝国)大学の近代学知

  • Workshop
  • ワークショップ

以下の要領でワークショップが開催されますので、ご案内いたします。ふるってご参加ください。

 

JP  http://gjs.ioc.u-tokyo.ac.jp/ja/events/post/20200718_Tokyo_school/
EN http://gjs.ioc.u-tokyo.ac.jp/en/events/post/20200718_Tokyo_school/

 

Date & Time

日時

July 18, 2020 (Sat.), 8:45AM-6:30PM
2020年7月18日(土)8:45~18:30
Venue

場所

Online via Zoom
オンライン(Zoom)
Speaker

発表者

ZHONG Yijiang (University of Tokyo)
ISOMAE Junichi (International Research Center for Japanese Studies)
HIRANO Katsuya (UCLA)
UEMURA Shizuka (Shokei Gakuin University)
ODA Ryosuke (Doshisha University)
YOSHIDA Kazuhiko (Nagoya City University)
KAWAMURA Satofumi (Kanto Gakuin University)
SEKIGUCHI Hiroshi (Shikoku University)
KATAOKA Kohei (Hokkai-Gakuen University)
NAKAJIKA Takahiro (University of Tokyo)鍾以江(東京大学)
 
磯前順一(国際日本文化研究センター)
平野克弥(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)
上村静(尚絅学院大学)
小田龍哉(同志社大学)
吉田一彦(名古屋市立大学)
川村覚文(関東学院大学)
関口寛(四国大学)
片岡耕平(北海花園大学)
中島隆博(東京大学)
Language

使用言語

Japanese and English
日本語・英語
Application

参加方法

This is an online event with Zoom. Please register here:
https://zoom.us/meeting/register/tJIpdOqrqzkjHNzm7RbfZf2WCZePuEYjdwBG
 
Zoomを使⽤したオンラインイベントになります。以下のURLから参加登録をお願いします。
https://zoom.us/meeting/register/tJIpdOqrqzkjHNzm7RbfZf2WCZePuEYjdwBG
Purpose

趣旨

Modern disciplinary knowledge introduced from the West, in its reorganization and institutionalization, contributed to nation-state building and social formation in Japan. Needless to say, universities, in particular research-focused national universities, played a vital role in this process. This role and its legacy, however, have not been sufficiently explored and understood. With this aim in mind, this workshop builds on Michel Foucault’s analytical insights on knowledge and power to explore the relationship between modern governmentality and the changes in the structures of inclusion and exclusion of modern disciplinary knowledge at Tokyo (Imperial) University by focusing on the four concepts and related discourses (religion, race, history, publicness) that straddled humanities and social science disciplines.
 
西洋から移入された近代専門知は、日本において再編されながら組織化され、国民国家の構築と近代社会の形成に寄与していた。この中、大学、特に研究を中心的仕事とした国立大学は非常に重要な役割を果たしたことは言うまでもない。その役割とレガシィが十分検討し評価できていると言えない。このワークショップは、フーコーの近代的統治性の分析を出発点としながら、東京(帝国)大学における近代的専門知に注目し、人文と社会科学の諸分野を跨る四つの基本概念およびその言説(宗教、人種、歴史、公共)による、近代知の包摂と排除の仕組みの変遷と近代的統治性の関係を考察する。
Organizer

主催

JSPS Research Project “The Tokyo School”
科研費基盤研究(B)「東京学派の研究」
Co-organizer

共催

the Group Research Project “Rethinking Japanese Religious History from the Perspective of Discrimination”
Global Japan Studies Network (GJS)
Institute for Advanced Studies on Asia (IASA)
 
日文研共同研究会「差別から見た日本宗教史再考」
東京大学国際総合日本学ネットワーク(GJS)
東京大学東洋文化研究所(IASA)
Contact

問い合わせ

gjs[at]ioc.u-tokyo.ac.jp