ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

第61回GJSセミナー 宗教教誨の政治史と現在 / The 61st GJS Seminar The Politics of Prison Religion in Modern Japan

  • Seminar
  • セミナー

以下の要領でセミナーが開催されますので、ご案内いたします。

ふるってご参加ください。

 

JP    http://gjs.ioc.u-tokyo.ac.jp/ja/events/post/20191108_gjs_seminar/
EN   http://gjs.ioc.u-tokyo.ac.jp/en/events/post/20191108_gjs_seminar/

 

日時

Date and time

2019年11月8日(金)17:00~18:00

November 8, 2019 (Fri.), 5:00-6:00PM

会場

Venue

東京大学東洋文化研究所 ロビー(1階)

Lobby (1F), Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo

発表者

Speakers

アダム・ライオンズ(京都アメリカ大学コンソーシアム博士研究員)

Adam Lyons (Postdoctoral Fellow, Kyoto Consortium for Japanese Studies)

使用言語

Language

日本語・英語

Japanese and English

発表概要
Abstract

明治時代以来、教誨師が刑務所で活動してきている。世界の刑務所史とチャプレン活動の国際的な普及を念頭に置き、教誨の政治史を探り、日本の刑務所における宗教の役割を検討する。なぜ塀の中で宗教を教えるのか?教誨師の仕事とは何か?現役の教誨師がその仕事についてどう思っているのか?そして、教誨活動が宗教と国家の関係をどう反映しているのか?

 

For nearly 150 years, prison chaplains have played an important role in Japanese prisons. This talk situates Japanese prison religion in the context of global prison history and chaplaincy studies by uncovering the political dimensions of religious labor in the correctional system. Why do Japanese prisons rely on chaplains? What do they do? What do contemporary chaplains think of their role? How does this history shed light on religion state relations in Japan?

主催

Organizer

東京大学国際総合日本学ネットワーク(GJS)
The Global Japan Studies Network (GJS)

共催

Co-organizer

東京大学東洋文化研究所(ISAS)
Institute for Advanced Studeis on Asia (IASA)

問い合わせ

Contact

gjs[at]ioc.u-tokyo.ac.jp