ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

CPASセミナー”Yasuoka Shōtarō, Nashville 1960, and the Triangulation of History”

  • Seminar
  • セミナー

以下の要領でセミナーが開催されますので、ご案内いたします。

ふるってご参加ください。

 

 

当センターでは、アイオワ大学のDr. Kendall Heitzman をお招きして下記のとおりセミナーを開催いたします。学部学生、大学院生を含む多数の方々のご来場を歓迎いたします。本セミナーは、アメリカ研究の文脈を拡大することを目的に本年開催されるシリーズ・セミナー:“Globalizing American Studies”の第1回目となります。そこで、現代日本文学を専門とする新進気鋭の若手研究者お二人にレスポンスにたっていただくことに致しました。講演は英語で行われますが、その後は日本語を第二共通言語として質疑応答を行います。

なお、シリーズ・セミナー:“Globalizing American Studies”の開催にはアメリカ研究振興会の後援をいただいたおります。

http://www.cpas.c.u-tokyo.ac.jp/indexjpn.html

日時 2019年7月23日(火)、18時~20時
Tuesday, July 23, 2019, 6:00 p.m.-8:00 p.m.
場所 東京大学駒場キャンパス18号館4F、コラボレーションルーム4
Collaboration Room 4,4th Floor,Bldg.18,The University of Tokyo Komaba
題目 “Yasuoka Shōtarō, Nashville 1960, and the Triangulation of History”
講師 Dr. Kendall Heitzman, University of Iowa
コメント 逆井 聡人(東京外国語大学 講師)
村上克尚 (東京大学大学院総合文化研究科 准教授)
参加方法 事前登録不要
使用言語
主催 東京大学アメリカ太平洋地域研究センター
後援 アメリカ研究振興会