ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

メダカ属魚類:アジアのユニークな科学資源/Oryzias fishes: unique scientific resources in Asia

  • セミナー

ANESC生物資源環境学セミナーを西東京キャンパスにて以下の通り催します。ご興味のある方は是非ご参加ください。なお、本セミナーに引き続き、同日15時から、当センターの学生および研究員が今年度の研究計画を披露するアジア生物資源環境研究センターセミナーを予定しております。こちらにも足をお運び頂ければ幸いです。

ANESC Bioresource and Environmental Sciences Seminar will be held at Nishitokyo Campus as follows. Please join us. Following the seminar, ANESC Seminar will be held as well, where the students and research fellows will present their research plans in this academic year.

日時/Date 2018年6月19日(火)14:00-15:00
Tuesday, June 19, 2018 (14:00 – 15:00)
会場/Venue 東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構プレハブA棟2階会議室
Meeting Room, Bld. A 2F, Institute for Sustainable Agro-ecosystem Services, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
講演者/Speaker 井上広滋氏(東京大学東京大学大気海洋研究所)

「メダカ属魚類:アジアのユニークな科学資源」

Dr. Koji Inoue (Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo)

“Oryzias fishes: unique scientific resources in Asia”

趣旨/Purpose of the seminar 収奪的資源利用や環境許容力を上回る経済活動、あるいは気候変動などによって生物資源生産と環境に関するさまざまな問題が生じている。生物資源環境学にはこれらの問題を解決するための方策を提示することが求められる。問題の原因は多面的であるため、研究者は自らの専門性を活かしたアプローチを取りながらも、たえず多層的視点を持って問題を俯瞰し、得られた知見を実社会に還元することができるように自らのアプローチをその中に位置づけることが必要である。本セミナーシリーズでは、生物資源と環境に関してさまざまなアプローチをもって研究に携わっている方々に研究内容をご紹介頂くことにより、参加者各人の視点の多層化を図ることを目的とする。

Due to the overuse of resources, the economic activities exceeding the environmental capacity, or the climate change, we face a range of problems in the bioresource production and environment. Scientists in the field of bioresource and environmental science are asked to propose solutions for these problems. Since the cause of the problem is multifaceted, scientists are asked to have multilateral viewpoints when they approach the target issue with their own professional skills so that they can return their outcomes to the society with defining their approach in multifaceted contexts. The purpose of the seminar series is to strengthen the diversity of viewpoints of each participant on their research outcomes by given presentations by those scientists who approach issues in bioresources and environment in a variety of ways.

問い合わせ先/Contact person 則定真利子(norisada[at]fr.a.u-tokyo.ac.jp)

Mariko Norisada (norisada[at]fr.a.u-tokyo.ac.jp)

ウェブサイト/Website http://www.anesc.u-tokyo.ac.jp/jp/seminar20180619.html

http://www.anesc.u-tokyo.ac.jp/en/seminar20180619.html