ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

Minai in Iran: high-level ceramic innovation in the twelfth century

  • セミナー

以下の要領で、東文研セミナーが開催されますので、ご案内いたします。

画像:
Minai bowl by Abu Zayn al-Kashani, dated A.H. 583/ A.D. 1187
The Metropolitan Museum of Art, New York, 64.178.2

日時 2018年5月21日(月)16:00〜18:00
場所 東京大学東洋文化研究所3階 大会議室
講演者 Oliver Watson博士(オックスフォード大学ハリーリー中東美術・物質文化研究センター、イスラーム美術・建築名誉教授)
題名 Minai in Iran: high-level ceramic innovation in the twelfth century
講演者ならび講演概要について  オリヴァー・ワトソン博士はイスラーム陶器研究の第一人者です。ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館の主任学芸員を務められたのち、オックスフォード大学アシュモリアン美術館学芸員、ドーハのイスラーム美術館館長、オックスフォード大学イスラーム美術・建築I. M. Pei教授を歴任され、現在同大学名誉教授です。ご著書にPersian Lustre Ware (1985), Ceramics from Islamic Lands: a Catalogue of the al-Sabah Collection, Kuwait (2004), Museum of Islamic Art – Guide (2008)があるほか、イスラーム陶器に関する数多くの論文を発表されています。
 今回は、博士が最近特にご関心をお持ちのミーナーイー陶器についてご発表いただきます。ミーナーイー陶器とは、12世紀後半から13世紀前半にかけてイランで作られた多色のエナメル彩陶器で、彩画には絵画的な要素が多々見られる魅力的な器です。どうぞ奮ってご参加ください。
その他 ※ご発表は英語で行われ、通訳はつきません。

※登録の必要はありません。ご自由においでください。

連絡先 桝屋 masuya(at)ioc.u-tokyo.ac.jp