ASNET -東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク--

他団体主催イベント

Burmese ‘New Women’ in Visual Culture and Political Debate, 1885 to 1955

  • シンポジウム

ケンブリッジ大学のルーシー・デラップ氏をお迎えし、東京大学と同志社大学にて、近代化と女性、そして家族に関する国際シンポジウムを開催します。皆さまのご参加をお待ちしています。

東京での開催は東洋文化研究所で開催されます。皆さまのご参加をお待ちしています。

【東京セミナー】

日時 2017年10月22日(日) 13:30-17:00
場所 東京大学 東洋文化研究所 3階大会議室
題名 Burmese ‘New Women’ in Visual Culture and Political Debate, 1885 to 1955
プログラム 13:30 趣旨説明  山口みどり Midori Yamaguchi(大東文化大学)
13:40 講演: ルーシー・デラップ Lucy Delap(ケンブリッジ大学)
14:40 コメント: 野中葉 Yo Nonaka (慶應義塾大学)
15:00 コーヒーブレイク
15:30 ディスカッション
17:00 閉会
定員 80名
その他 参加無料・申込不要
言語 英語
お問い合わせ kakennewwomen[at]gmail.com (送信時には[at]を@に置き換えてください)

※同日17:30より懇親会を予定しています(実費)。ご参加を希望される方は10月10日までに上記アドレスにご一報ください。

【京都セミナー】

日時 2017年10月28日(土) 13:30-17:00
場所 同志社大学 烏丸キャンパス志高館 SK214
講演者 ルーシー・デラップ Lucy Delap(ケンブリッジ大学)
題名 Rethinking Feminism through Global History
コメント 鳥山純子(JSPS・桜美林大学)
お問い合わせ namikawa[at]inst.kobe-cufs.ac.jp (送信時には[at]を@に置き換えてください)

※セミナー後に懇親会を予定しております。ご参加を希望される方は、10月10日までに京都セミナー連絡先まで、ご連絡ください。

主催:科研「新しい女性」とアジアの近代―情動にみる思想・価値観の形成過程の比較研究」(代表:山口みどり)

共催:東京大学 東洋文化研究所、イギリス女性史研究会、科研「19世紀英領植民地世界における「家族の標準化」とその限界」、科研「イギリス帝国と近代日本帝国的諸事業・思想の越境的伝搬と展開」

後援・協力:「多文化共生・統合人間学プログラム」教育プロジェクト4「多文化共生社会をプロデュースする」